元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

キニナル日常をポジティブに発信するブログ

ブログのネタに困る人が多いけど、もっと気楽に考えてもいいよという話

f:id:chihiro_dayori:20170617102907j:plain

ブログをはじめて2か月とちょっと。良く見るお悩み記事として「ブログのネタがない」という記事がある。実はずっと気にはなっていて「ブログのネタ探しを紹介しよう」とか「ブログを書くコツ」とかいろいろあるけど、正直筆者の場合はこの状態がよくわかっていません。

なぜなら、仮にネタが無かったら記事を書かないからです。

稼ぐ為、気持ちを整理する為、皆に共感して貰い為、それぞれの事情は違えど、前提にあるブログへの思いは皆、一緒なのかなと思います。

「まずは自分にとって、そのブログが楽しいかどうか」

ここを見失っているから、そのような状態に陥る人が多いのではないでしょうか。

 

ネタがない時に書く記事ほど苦しいものはない

正直、ネタがない状態なんて苦しいに決まってます。「何か書けばいいか」がありすぎて困っているなら、ともかく「何も書く内容が見つからなくて」困っているなら、素直に思いつくまで気楽に考えてもいいのではないだろうか。

折角始めたブログが苦しいモノになるなんて辛すぎますよ。

自ら立てた目標が自らを抑制する鎖になっていないかどうか

確かに筆者にも「3か月毎日更新」という掲げている目標はあるものの、それはあくまで目標なので、本当に無理だったら、全然できてなくてもいいと思っております。

その目標が鎖となり、実行するぐらいなら、牢屋を出て気楽な空の下でのんびりできるような目標に変更すればいい。例えば「いつかでいいから100記事は書く」とか

それに、ブログの楽しみ方って色々ありますし。例えば記事を書くのがしんどくなったら、ブログのカスタマイズを楽しむのも一つだし、人の記事を見に行きまくるのも。

筆者なんてブログのカスタマイズ勉強に最近、熱が入りすぎて、本気でWEBデザインの勉強しようと考えてるぐらい楽しいです。

それこそ、人の記事を見に行って、その記事に共感を持ったなら、その理由を記事するのもいいのでは?

確かに検索流入とかしにくい記事かもしれないが、最低でも2人は共感してくれる記事になりますよね。書き手とあなた自身ね。それでもいいじゃない。全ての記事が多くの人に見られる記事じゃなくても、一人でも共感して貰えるがいるならそれでハッピーじゃない。

スポンサーリンク
 

筆者がブログを続ける理由は「学びの為」

私がブログを続ける理由は「自分の知らない世界が沢山あって、牛歩ながらも一歩一歩進んでいければいいなと気楽に楽しんでいるから」です。本質は「学びの為」です。

今までブログをしてこなくても生きてこれた約30年間の人生に、全く体験したこともない新しい世界が広がったからです。今までマトリックスの世界のように全くよくわからかったP言語が少し知れただけでもかなり価値があります。

決して読者数、PV数、収入に興味がないといっている訳でなくて、それは2の次ということ。まずは自分がこの世界に入って、凄い人を見つけたなら、自分もそうなれるように学びたいが優先されているからです。稼ぐ為に書くよりも、楽しく書いて増えていくほうが自分にとって納得できますし。

新しいことをはじめたときは、原点に戻ることも必要

筆者は新しいことをはじめたときは、はじめたときの状態をよく振り返ります。なぜなら、はじめた時の悩みって今となれば笑っちゃうような悩みでちっぽけだからです。

でも、その時の自分にとってはそれは大きな悩みで、そう思うと自分で「牛歩ながらも成長できているんだな」と実感できるからです。

だから筆者は、記録をよく行います。あとで自身の成長を見直すことが出来るように。

www.1nichi1ppo.com

勿論、失敗も記録します。

www.1nichi1ppo.com

あとでこんな悩みがあったんだとわかるように。

最後に

これぐらいの記事であれば、画像の加工と文章で30分程度で作成できます。

1日の中でのたったの30分。その書き手の30分が読み手の共感や学びになり、仮に読み手にとっての1カ月の目標になれるなら、その30分がより大きな時間として存在できます。そんな大きなことができるからこそ、記事を書くのって楽しいですよね。

だからこそ、筆者は批判的な記事は絶対書きたくないし、仮に共感できなくても、自らが一歩踏み出すチャンスになれるような記事にして書きたいと思います。

【文字数:1933字、作成時間:28分】

スポンサーリンク