元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

キニナル日常をポジティブに発信するブログ

最高にポジティブな朝を迎えるために覚えておきたいシンプルな考え方

f:id:chihiro_dayori:20170607170331j:plain

今日のあなたを思い出してみて下さい。思い出した中で「いつも通りの朝を迎えたな」と思った方は残念ながら、その1日のスタートダッシュをしっかり切れていません。

私たちは起きた瞬間から今日が始まり、昨日が終わります。その今日の始まりであるスタートをどう切れるかは「最高の1日になるか」の攻略する鍵となります。

オリンピックの短距離走を想像してください。ちょっとしたスタートの遅れがメダルを「とる・とらない」に大きく左右すること、ありますよね。

「どうせなら最高にポジティブな朝を迎えたい」と思うなら、たった一つ、考え方を変えるだけであなたの気持ちに大きな変化を起こすことが出来ます。

ある意味、行動論よりも精神論に近い内容です。少しでもポジティブな朝を迎えるきっかけになれば幸いです。

 

  

スポンサーリンク
 

いつも通りの朝は平穏と安定の中に潜む「無関心」という真実

いい意味で言えば「平穏・安心」だが、悪い意味で言えば「無関心」だからです。私たちの人生は有限です。だからこそ「いつも通り」にある感情を認識することが大事なのです。その方法は至ってシンプル…

本当に今日の朝はいつも通りでしたか?
家庭をお持ちの方は奥さんが作ってくれた朝食はいつもと一緒ですか?
仮にメニューが一緒でも出てくる時間は一緒ですか?

このように日常の当たり前を追及することです。小さなことでも毎日の変化を実感することは出来ます。ここで大事なのは毎日の変化にアンテナを張るということです。

事業を立ち上げている人は「未来」に投資をする

事業を立ち上げている方と話すと、大抵今日の話より明日の話になります。そして朝から明日は張り切るぞと前向きな話をしてくれます。

そのような方々は決して平穏な暮らしを否定している訳ではありません。「明日を楽しみしているかどうかの尺度」で語ってくれています。

朝を「待ち焦がれて」さえいれば、前向きな朝が来る。

今回の記事の結論を先に申し上げますと「朝を待ち焦がれてる」かどうかです。朝が来るのが楽しみで仕方がない人は必ずと言っていいほど、前向きな考え方をしています。

また次の日になれば、また新しい自分が待っている
違う世界が待っている。
もっとワクワクすることが待っている

そう考えることがポジティブな朝を迎える為の一番近道だと思っているからです。

「明日は何が起きるか」を楽しみにしている

朝活みたいにある意味「自分ルール」みたいに考えるのではなく、単純に明日は何が起こるのだろうとか、変化を楽しみにするということです。

時には緊張する日もあるが、逆に今日はいつもより緊張する日とか思えれば日々の変化を楽しめるものです。

大事なことは前日のおやすみ前にあった

いいスタートダッシュを切る為には「前日に明日を意識すること」がポイントです。

寝る前に、ちょっとしたことでも明日を楽しみにすることが出来れば、朝起きたときの気持ちは前に向いているはずです。ほんと大小じゃないですよ。仮にいつもより1分早く起きれただけでも前向きに思えれば。

最後に

私たちは当たり前のことに無関心になりがちです。決して新しいことをしなくても、当たり前のことを意識することで大きく変わることも沢山あります。

冒頭で否定をしましたが、仮に「いつも通りの朝」を迎えても問題御座いません。

大事なコトは
あなたがその瞬間を最高と思えているかどうかです

そして、その秘訣は前日に「朝を待ち焦がれているか」どうかです。自らがどういう朝を待ち望んでいるかを一度考えてみるのはどうでしょうか。

そう意識を持つことが出来れば朝に限らずどんな場面でもきっとポジティブに過ごせるはずです。
これをきっかけにポジティブな朝を迎えられる人が増えることを願って。

おしまい。 【文字数:1639字、作成時間:1時間50分】