元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

キニナル日常をポジティブに発信するブログ

『筋トレをいかにどMにやれたかどうか』チェックシート|5つの判断指標 【腕編】

f:id:chihiro_dayori:20170624212012j:plain

今日はやりきった。いや、どうなんだやりきったのか。そんな自問自答は筋トレ好きにとってはもはや日常の自己診断である。

筋トレを真面目にしている当然、日々カラダは発達していくので、同じルーティーンをこなしていてもいずれはそれは楽々できることがある。

そんな時に、今日は俺は甘えていたな。全然足りなかった。と思ってしまうことがたびたびある。

この半年間がっつり筋トレをやってきて思うことがある。ちゃんと自らのカラダやりきった日は悲鳴度合いが全然違うということ。

いかにいじめられたか、いかにドMになれたかを見極める指標(あるある)になれば幸い。

今回のターゲットは「筋トレをストイックにやっている人達」

 

今日は腕編で紹介!筋トレやりきった時に起きる現象

この現象は特に、ダンベル系統をやった時によく起きる現象で、体感したい方は自分が思っている限界のあと2回を目指したら、実現できると思います。

スポンサーリンク
 

1.タオルが絞れない

筋トレ終わった後にジムに併設されているお風呂に入り、カラダのチューニングをした後、さて上がるかとタオルを絞ろうとしたら、力が入らない…なんてことないですか。

結局、絞れないから壁と自らのカラダを活用し、ある程度絞るのですが、そんな絞れずビチャビチャみたいな。

この時は、今日はイジメ抜いたなってめっちゃ思えます。

イジメ度:★★★★★ 
(あとはタンパク質をしっかりして寝て下さいレベル)

2.文字が書けない

仕事上、絶対あってはならない行為なのですが、文字を書こうとすると、生まれたての小鹿のようにプルプルしながら、文字を書くので、何書いているか少し不明な時がたまにあります。

次の日になったら、その現象は落ち着いているのですが、そうなった時はやりきったなと思えます。

イジメ度:★★★★★★★
(栄養補給をしっかり行わないといけないレベル)

3.お箸が持てない

もう腕も手も力が入らないと、仮に重さのない食べ物でも、それをつまむことを許されない状態に陥ります。この時、筆者は「カラダは栄養を欲しているのに、食べることでさえ試練なのか」とストイック魂が芽生えます。

お豆なんて軽いですけど、それをつまもうと集中すると、もうカラダがつりそうになります(笑)

イジメ度:★★★★★★★★★
(今週腕のトレーニングは控えめにレベル)

4.歯磨きが上手くできない

さて、寝るかと歯磨きをしようとすると、歯ブラシは持てるのですが、前後運動などがどうもうまくいかず、少し腕を持ち上げるとプルプルしながら、歯磨きするなんてことありませんか。

そんな時は、ひじを洗面台に載せて、なんとかって感じです。歯間ブラシなんてかなり高難易度ですよ。

イジメ度:★★★★★★★★★★★
(トレーニングの重さや回数を少し見直したほうがいいかもレベル)

5.次の日、朝起きると腕がないと錯覚する

「お前、やりやがったな」と思うかもしれないですけど、これ一回だけあったんですほんとに。

あまりにも腕が疲れ果てて、少しイジメすぎたな思った次の日の朝、カラダを起こした時に腕がついてきていないような感覚に陥って、あれ、「腕ある?」みたいな朝から目覚めの悪い錯覚に陥ったことがあるんです(笑)

ここまで来ると逆に「やり過ぎでは?」という声が届いてくる気もしますが、限界を知れたので、今後は「ここまではさすがにやばい」という判断ができました(笑)

イジメ度:文句なしの★×20
(イジメすぎなので、ここまでは絶対いったらあかんでレベル)

最後に

自分のペースにあったトレーニングメニューで(笑)。追い込みたい方は指標に(笑)

【文字数:1653文字、作成時間:45分】

 

スポンサーリンク