元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

キニナル日常をポジティブに発信するブログ

無意識の内にルール化する自らへの考察

f:id:chihiro_dayori:20170523143059j:plain

いつの間にか自分の中で、ルール化していることってありますよね。

 

今日、服屋さんにふらっといった時に感じたことをご紹介させていただきます。

 

特に、Tシャツを選ぶ時に、何気なく感じたこと。

 

Tシャツを買う時って同じモノを2枚買う人って、少ないですよね。

 

私はそうです。かなり気に入っていても、同じのは1枚しか買いません。

 

例えば.『バンドル売り(2枚でいくら)』というような売り方があり、2枚買う場合、皆さんならどのように選びますか。

 

あくまでも予想ですが、自然とその一枚ともう一枚を選び、買う事が多いのではないでしょうか。

 

その際「どちらも同等レベルで納得して買うとと思うこと」って意外と少なくて、多少なりとも優先順位を付けているのかなと。

 

そう思うと、なぜ『同じTシャツを2枚買う』という選択肢が抜けているのかな~と今日感じました。

 

それは、おそらく「同じ服を2枚買うことはナンセンス」と勝手にルール化しているのではないかなと思いました。

 

少し、ここからは私なりの考察をさせていただきます。

 

「自然とルール化をしていることこそ、怖いものはない。」これに尽きるなと。

 

それはなぜか。

 

本能的に良いと思っている事を、無意識の内に選択しない方向に自らを操作しているマインドコントロールに近い状態。

 

ある意味、こういう状態って、ルール化をすることで、"普遍的な原理”と思いこみ、殻に閉じこもっている状態と似ているのかな。

 

そういう殻は、自分が知らない間にいつの間にか出来ていることが多い。

 

そして、無意識の内に作られているこそ、見つけるのが難しい。

 

では、どうしようか。

 

その殻を見つけて貰う為には、「外からその殻を見ている他の人に割って貰わなければいけないな」と感じました。

 

外の世界を見ている、その殻を客観的に見てくれる人にこそ、「その殻に閉じこもってはいけないよ」と言ってもらえるし、解決策もおそらく的確なはず。

 

だって、無意識の内に自らでマインドコントロールしているのだから、自己暗示をかけている状態で見つけるのは、相当難しいからです。

 

そう思うと、やっぱり人と人との関わりって大事だなと思うし、多角的に情報を収集することも必要なことだなと思います。

 

時には自分のことを客観的に見る癖をつけるのもいいのかもしれない。

 

今回はたまたま、自分でそう感じたので、良かったのですが、そんな自分で見つけられるようなラッキーパンチはそうそう無いことなんだろうな。

 

現にこうやって書いていることで、ちゃっかり、客観的に見て貰おうとしているのも事実。

 

皆さんはそういう時はないかどうか、そしてそういう時にどう思っているかが気になるところ。

 

おしまい。 【文字数:1129文字、作成時間:25分】

スポンサーリンク