">

元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

- Since 2017.04 -

走る|がむしゃらに走り続けたい

f:id:chihiro_dayori:20170708110855j:plain

心が落ち着かない私の知り合いのあなたに、友として私の気持ちを書く。直接、言えなくてごめん。ただ、いつかしっかり伝えたいと思う。

 

走る

とにかく走る。

そして、がむしゃらに。

時にそう感じて、思いっきり子供のように走る。

それは、本当に走るという行為ではなくて、

無我夢中で何かに取り組むということ。

何が正解かはわからない。

決して、それがあっているかどうか全くわからない。

ただ走る。

とにかく走る。

心ゆくまで走るんだ。

時間

時間の無駄?

それはその人の価値観に委ねられている。

その人自身がその行為を無駄に思うか、大事に思うか。

結局は、他人の意見ではなく、自分がどう考えるか。

私にとっては今はがむしゃらに走ることがとても大事なこと。

いいかどうかは後で考えればいい。

とにかく走り続けることが大事なんだ。

不安

時には、不安に押しつぶされそうになることもあるだろう。

その時は、押しつぶされないように逃げ切ればいい。

襲ってくる不安という波に押しつぶされないように、

後先考えず、とにかく信じる道を真っすぐ走り続けること。

襲ってくるとわかっている波は、ある意味わかりやすく、

逃げる方向もわかりやすい。

だから走り続ければ、いつかは必ず逃げ切れる。

妨害

時に走ることを妨害する何かが現れるかもしれない

その時は助けて貰おう他の人に。

他の人に助けて貰うことは決して弱いことではなく、

とても勇気のいること。

もし助けて貰えたのなら、もしその人が走ることになったら

今度が自分が助けてあげればいい。

疲弊

疲れることだってある。

時に逃げ出したくなることも。後ろを向いて、走り去りたくなることもある。

ただ、それはよくないと思う。

後ろを向いて走るぐらいなら、一度止まって何もしないことも一つの選択。

今まで走り続けていたのだから、いいんじゃない?

一度ぐらい止まっても。

落ち着いたら、また無我夢中に走りまくろう。

短いゴール

先行きの見えない道を走ることは怖い。

毎日、恐れとの闘いにおびえながら、がむしゃらに走るのは難しいかもしれない。

そして、おびえ、走る距離が短くなることも。

その時はゴールも短い距離で設定してみれば?

その積み重ねでやっていくこともいいのでは。

誰もゴールの設定を否定する人はいないし、否定する人がいるなら自分じゃないか。

走る

子供達のあの無邪気な走りを見にいくのはどうだろうか。

あの走りを見ると、本当に楽しそうだなといつも感じる。

いつからあの走りを無くしたのかな。

でも楽しそうって思えているなら、また戻せるかもしれない。

また思いっきり走ればいい。

そして、戻りたいから走り続ける。

とにかく走り続けるんだ。

最後に

悩むことだって、苦しくなるときだって生きている以上、体験する。

その時に立ち止まってしまうこともあると思う。

ただ、その時にがむしゃらに走り続けようとした人間は強い。

その後はもっと速く走ることが出来るんだと思う。

その経験が出来たことが素晴らしい。

速く走れるチャンスを貰ったと思えば。

おしまい。 

【文字数:1288文字、作成時間:47分】

スポンサーリンク
|国内外問わず、検索可能!夏の旅行はトリバゴ|