">

元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

- Since 2017.04 -

装備は最強、カラダは貧弱|情報社会を生きる為に必要なこと

f:id:chihiro_dayori:20170720215812j:plain

はじめに

インターネットの普及により、知らないことは、検索すればすぐ学ぶことの出来る時代。どの内容も効率的に学ぶことが出来、しかもローリスクで学ぶことが出来る時代。本当に便利な時代だなと。しかし、この効率化・ローリスクが及ぼす効果は、決してプラスばかりではないように感じる。

はじめから最強の鎧をまとい、一方、装着する当本人は「貧弱」というケースが多い。百戦錬磨無くして、最強装備を得ることで、装備を外された時に「拍子抜け」みたいな子が増えている気がする。

1.深堀に弱いという真実

最近の子は、本当に頭が良い。それは、仕事をしている中で感じること。仕事の依頼をすると、ある程度、こなしてくれる子が多い。お昼時の何気ない会話の中でも、様々な方法(主にネット)で情報を仕入れているのだなと素直に関心。

しかし、いざ案件を「深堀」して聞いてみると、

○○の案件、今後のステップはどのように進めていこうか?

えっ~と、えっ~と…

じゃあ、ステップは後ほどでいいから、自らの考えとかは?

えっ~と、えっ~と…〇〇〇とかどうでしょう。

とタジタジ&とても浅はかな意見。

一度、自らの装備が使えない環境に陥ると、自らのカラダのみでは対応が出来ない始末。簡単に言えば、装備に見合う体になっていないので、上手く装備を有効活用できず、使いこなせていないということ。

調べることで、簡単に情報を得られる世の中だからこそ「自らどうすればいいのか」というステップを端折って、結果『全然考えのない人間』が生まれている。

仮に、その装備が効かない相手が出てきた時に、自らの体が貧弱な故に、纏う装備は「見栄だけの装備」と化してしまい、太刀打ちできないといった感じである。

2.何度もチャレンジし、屈強なボディを手に入れる

先輩や上司から学ぶことの出来ることは単に仕事の内容だけではない。

進め方・準備・世渡り全ての事が、その人が最初の頃に何度も倒されながら、這い上がり、体を鍛えてきた汗と涙の結晶。

相手が強い時には「どうやったら攻略出来るか」を考え、屈強なボディを作り、そしてその都度、自らのボディに見合う装備を装着してきたのだと思う。

情報を得る方法が少なかった時代だからこそ、自ら調べて、学び、考え、そして試行錯誤しながら進めてきたからこその屈強なボディ。

3.ベストは当然「装備は最強、体も最強」

この時代では決して難しいことではないと思う。

装備を見つけ、それに見合うカラダに鍛える。今まではカラダは最強だけど、最強装備を見つけることが出来ずに終わるという時代は多かったのかもしれない。

それこそ「神童」と言われたが、チャンスとの出会いに恵まれず、断念した人が今よりも絶対多かったと思う。

そう思えば、今の時代は調べれば、情報を得ることの出来る時代、だからこそ調べるならしっかり深堀して自らの血肉出来るようにすることを心掛けたい。

最後に

時に焦りたくなるのもあると思うが、確実にひとつ一つ真摯に向き合うことで得られるもののほうが多いと思う。

当ブログもまだまだ発展途上、いい意味で失敗も成功も繰り返しながら、時に遠回りしながら、道中を楽しみたい。

おしまい。 【文字数:1342文字、作成時間:37分】

スポンサーリンク
|簡単アンケート♬|