元『企業戦士』の1日1歩ブログ ~素晴らしき日常~

のんびりいこうやない。今日も明日も、明後日も。

f:id:chihiro_dayori:20170523173117p:plain

1ニチ1ポブログ

キニナル日常をポジティブに発信するブログ

Webデザインの勉強におすすめの3冊|レスポンシブ対応 / jQuery

f:id:chihiro_dayori:20170713165526j:plain
SPONSORED LINKS
 

はじめに

ブログをはじめて約3か月が経ち、記事作成と同時並行で、ブログのカスタマイズも行ってきました。最初の頃は「プログラミング言語とは何?」とか「コードを見ても、マトリックスの世界がイメージとして出てくる」程の状態でした。

その中で基本的な用語を学んでから、実際にブログデザインに着手する迄に、大変参考になった本をご紹介したいと思います。

本のレベル度合いで言いますと、

・基本的な用語が理解できる方

・コードを見ても拒否反応をしない程度に慣れてきた方

おすすめの方

・これからレスポンシブデザインを勉強されたい方

・jQueryなどを活用し、動作を加えたい方

1.HTML5&CSS3デザインブック

f:id:chihiro_dayori:20170713132113p:plain
Amazonで探す

1-1.概要

スマートフォン・タブレットなど多様なデバイスに対応する「レスポンシブWebデザイン」を中心とした現在のWebページのレイアウトを自在に作成できるスキルを身につけることを目的とした本書。

1-2.購入理由

『レスポンシブWebデザイン』を基礎学習する本として、WEBデザイナーの方からおススメの本として紹介されている本書。

基礎から書かれており、本の構成もページを進めながらデザインを構築していく「ステップバイステップ形式」を採用している為、一つひとつ理解が深めやすいと思ったからです。

全6部構成となっている本書。最初は基礎的な構造を学び、ブログデザイン案とビジネスサイト案の二つを実際にデザインを着手しながら、それぞれの違いも学べる点も魅力。

2.レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック 

f:id:chihiro_dayori:20170713161619p:plain
Amazonで探す

2-1.概要

レスポンシブWebデザインの原理・原則に重きをおいて説明している本書。

最初のページには、レスポンシブWebデザインの考え方や背景などが説明されており、「なぜレスポンシブWebデザインが浸透するに至ったか」を学ぶことが出来ます。

勿論、本書にもデザインサンプルは用意されております。

2-2.購入理由

2013年7月に発売した本書。既に4年前の本ですが、筆者が読む中で最もWEBデザインの概念を学ぶ要素が強かったです。

WEBデザインを学ぶことは、実際に作業しながら進めていきますが、基本的な概念や背景を理解した上で実践するほうが、頭の理解度は全然違います。そして本書はその点で優れているなと思います。

理論を学ぶことで、作業に対する理解がより深まると思ったからです。

3.Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門

f:id:chihiro_dayori:20170713161246p:plain
Amazonで探す

3-1.概要

Webサイトをより効果的に見やすくする方法として、やはりjQueryの存在は欠かせないかと。

この本では「概要からダウンロード方法、導入に必要な準備」も説明されているので、はじめての方でも安心して作業準備が出来ます。

また“スライドメニュー“や“モーダルウィンドウ“などいくつか例が準備されている為、実際に本サンプルを使用しながら、理解を深めることが出来ます。

3-2.購入理由

効率と見やすさを重視したWEBサイトを構築するにあたり、必ず次のステップとしてJavascriptの勉強を出て来るかなと。その中で「jQuery」はとても便利なので覚えていて損はないです。

ネット上に「コピペ可能なモノ」も多く提供されているのですが、動作不順が起きた時に基本的な構造を知らないと、どう修正していいかがわからないので、どこがエラーが起きているのかをある程度把握できるようになる、そして基礎を学びたい上では、この本は読みやすいと思います。

最後に

これからこの3冊をしっかり熟読し、いずれは本を見ないでも出来るぐらいのレベルになれたらなと思います。

まだまだパラパラ読みで読んだレベルですので、はてなブログに活用できそうなことがあったら、カスタマイズ記事なども書いてみたいです。

ブログデザインテーマとか作ってみたいです(笑)。

170811追記

その後、何度も繰り返し本を読みながら、実践致しました。やはり勉強方法として、本を読む事はとてもおススメです。

勉強方法としては

1.本で基礎を学び

2.ネットでいいなと思うサイトを探し

3.Google Chromeで検証し、実際にいじってみる

これがいいと思います。

因みにはてなブログの中でおススメのブログも掲載しておきます。はてなブログの方でなくても、勉強になると思います。

www.1nichi1ppo.com

おしまい。 【文字数:2022文字、作成時間:2時間15分】

SPONSORED LINKS